平良達郎(たいらたつろう)が強い!強さや実力が驚愕!経歴や戦績を調査!

ごきげんよう♪♪

『平良達郎(たいらたつろう)選手』がUFCデビューを果たし、勝利を収め、その強さが驚愕ということで、強さや実力、経歴、戦績を調べてみようと思います。

『朝倉海選手』より年齢は下になりますが、既にUFCデビューを果たしたということで、注目を集めていますね。

まだ、年齢は若いですが、これからUFC王者にも慣れる可能性もある実力者ですね。

平良達郎(たいらたつろう)の経歴はどうか!?

平良達郎

※ 平良達郎

【名前】: 平良達郎(たいらたつろう)

【通称】: スーパーノヴァ、超新星

年齢は、まだ若く2000年代生まれの選手になり、下記の通りになります。

【生年月日】: 2000年1月27日

【年齢】: 22歳(2022年5月現在)

出身は、下記の通りになり、高校1年から格闘技を始めたということです。

【出身】: 沖縄県那覇市

所属は、全国に支部を持つ『パラエストラ』になります。

【所属】: Theパラエストラ沖縄

UFCでは、フライ級になり、契約体重は、『-56.7kg』ほどに、過去に『井上直樹選手』は、UFCではフライ級になり、RIZINではパンダム級で戦っているので、『平良達郎選手』は、『朝倉海選手(パンダム級)』と戦う可能性がありますね。

『平良達郎選手』は、フライ級ですが、身長とリーチは、フライ級の中では、身長が高いように思えますね。

【身長】: 170cm
【リーチ】: 177.8cm
【通常体重】: 66kg

タイトルは、日本では、『修斗』が主戦場になり、2021年7月4日にタイトルを奪取しています。

【獲得タイトル】: 修斗世界フライ級王者

SNSは、下記の通りになり、Youtubeもやっているようで、チャンネル名は自身の名前になり、まだフォロワー数は少ないようですね。

【Youtube】: 平良達郎
【Instagram】:t.tatsurooo6

【twitter】:@tatsurotaira

兄の影響で、高校1年時、『ザ・パラエストラ沖縄』に入門し、元修斗世界バンタム級王者の『松根良太選手』の元でトレーニングを積み、アマチュア修斗10戦10勝で、プロ昇格を果たし、2018年にプロデビューを果たしました。

平良達郎(たいらたつろう)の戦績は!?

平良達郎

※ 平良達郎

『平良達郎選手』の戦績はどれほどなのかということですが、まずは、アマチュア修斗の戦績は下記の通りになり、無敗ということになります。

【アマチュア戦績】: 11勝無敗

アマチュアデビューは2016年11月27日になり、キックボクシングの戦績も1試合のみあり勝利を収めています。

『平良達郎選手』のプロでの戦績はどうなのかということですが、2022年5月現在では、下記の通りになります。

【プロ戦績】: 11勝無敗

2022年2月4日、UFCと契約し、UFCデビュー戦は、当初は、2022年4月30日の試合予定でしたが、対戦相手の『カルロス・カンデラリオ』の体調不良により、試合が延期され、2022年5月14日に試合が行われました。

試合は、寝技で優位に立ち、判定勝利を収めました。

平良達郎(たいらたつろう)の強さや実力は!?

平良達郎

※ 平良達郎

『平良達郎選手』の強さや実力は一体ということですが、2022年5月現在、まだアマチュアでもプロでも負けがないということで、勝ちパターンを調べてみました。

【KO勝利】: 3
【1本勝利】: 5
【判定勝利】: 3

勝ちパターンを見ると、バランスよく勝利を収めているので、打撃も寝技もバランスよくできる選手ということが言えますね。

『堀口恭司選手』も修斗出身で、タイトルを取り、UFCではタイトルマッチまで行き、Bellator(ベラトール)では、パンダム級王者まで行っているので、『平良達郎選手』は期待大ということが言えますね。

まだ、負けがないということで、底が知れない強さと実力があり、UFCでのタイトル奪取も夢ではないですね。

UFCのフライ級には、『朝倉海選手』に勝利を収めた『マネルケイプ選手』もいて、対戦する可能性もありで、『マネルケイプ選手』は、RIZINパンダム級王者のタイトルもあるので、対戦することで、『平良達郎選手』の強さの査定ができますね。

UFCのフライ級王者は、2022年5月の段階で、ブラジルの『デイブソン・フィゲイレード』になり、『マネルケイプ選手』でもUFC14位(2022年5月現在)であるので、UFC上位に食い込むのは難しいということは言えますね。